確実に痩せるダイエット方法は存在するが、確実に忍耐力が必要である

30代を過ぎてくると、ポッコリお腹が気になる男性は多いのではないでしょうか。私もそんな一人です。
10代の頃なんかは太りたくても太れない体質で、学校での健康診断なんかではいつも(痩せすぎ体型)の判定でした。

それもそのはず、身長171㎝で体重は48㎏で、自分は一生太れないんだろうな~なんて事を思っていました。しかし20代になり社会人となり、運動する機会もほとんど皆無。職場の先輩にアルコールなんかも教えられ、20代半ばで61㎏となっていました。

そのときは本気で体重計が壊れていると思ったものです。しかしそれは現実であり、そこからは体重を気にするようになったのを覚えています。
現在30代前半となった私ですが、体重は63㎏まで増えています。
そんな私も30歳を迎えた時に、ダイエットを行い、一時は55㎏まで痩せたことがありました。(結局元に戻りましたが)そのダイエット方法について、今回お伝えしていきます。

ダイエット方法はずばり、「夕飯しか食べない」でした。

TV等でも当時よく紹介されていて、1日1食。そのかわりその1食はどんだけでも食べてよいという物でした。元々朝食は食べない私でしたが、やはり昼食時間になるとお腹が減ってたまりません。

そんな時はコーヒーなどを飲んでその場を凌いでいました。

こんなにつらいのは続けれられないかもしれないと1日で諦めかけていましたが、仕事を終えて自宅で体重計に乗ると-1.2㎏。「マジで?」と1人声を出してしまった事を覚えています。

ようやく1日通して初めての食事にありつけた私は、「腹いっぱい食いまくってやろう」と好きな物をたくさん買って夕食を開始しましたが、意外と食べられません。普通量より少し多いくらいの夕食を終え、1日目が終了しました。

ダイエットを始めて3日目くらいからは、昼食を食べなくてもあまり苦にならなくなってきました。日中は野菜ジュースやコーヒーだけで過ごしながら、夕食時はたくさん食べて、お酒も飲んでいましたが、確実に体重が減っていったのです。

ダイエット開始時には61㎏あったのですが、3か月後には55㎏まで減量に成功し、その後もその生活を続けていたのですが、ダイエットにピリオドを打つ事になってしまったのです。
忍耐とはつらいものです。コツコツ毎日積み重ねていかなければなりませんが、その積み重ねは1日で崩壊します。

原因となったが、会社の全体会議に参加させてもらえるようになってからでした。午前11時から開始する会議の後は、上司と昼食。

最初は「夕飯をやめればいいか。」と思っていましたが、夜は夜で後輩と飲み会があったり友人から誘われたりと昼・夕と食べる日が2,3日続きました。

それからはダムが決壊したように食べる事を我慢できなくなり、3か月かけて痩せた体重は、1ヶ月できれいに元通りとなりました。

あれから2年。現在もなんとか63㎏でリバウンド後もキープしていますが、またいつかダイエットに挑戦し、途中で諦めない忍耐力を手に入れたいものです。

 

ダイエットはそれほど難しいことではない

現代の流行とも言えるダイエットですが、一般的に見て必要がないと感じる体形の人でもダイエットという言葉をよく聞きます。

表現を変えると減量。では、減量することはどれくらい大変なことなのでしょうか。

 

私的な感想ですが、減量はそれほど難しい事ではありません。

これまで体重を落としたくても落とすことができなかった人はたくさんいるかもいれませんが、そのまで意気込んでストレスを抱えなくても減量はできますから、失敗したことをいつまでも悔やむよりやり方を変えて再チャレンジすることをお勧めします。

 

ダイエットすると決めた人に良くあるパターンは食事を制限することです。

一日3食だった食事の回数を減らすというダイエット法をよく耳にします。

しかし、そこまでしなくても減量は可能なのです。

単純な話になりますが、食べたものはエネルギーとなって日常の動き(運動)で消費されて」いきます。

この消費するエネルギーを超える元気を食事で摂取してしまうと、使いきれなかったエネルギーは身体に蓄積されて脂肪となってしまうわけです。

 

逆算すると、消費する毎日のエネルギー以下の食事になると、食べたことで得られるエネルギーでは事足りず、脂肪を燃焼して体を動かそうとする働きが生まれます。

ここがダイエットの狙い目で、毎日の運動量以下の食事にすればいいだけなのです。

または、どれだけ食べても食事で得たエネルギーを使いきれるだけの運動を行えばいいのです。

 

スポーツ選手の減量ともなれば、食事のカロリーを制限して、得たエネルギーを圧倒的に超える運動によって減量していきます。

体重を落とす仕組みを理解した上でダイエットに取り組むと、実に効果的な減量を実現することが可能です。

失敗体験を持つ人は多いと思います。

しかし、極端な断食などで無理のある減量を試みたのならやり方が悪かったと言わざるを得ません。

 

沢山食べるならそれ以上に動きましょう。汗が顎から滴り落ちるまで。

これが出来れば食事制限は必要なくなりますし、運動にプラスして食事も制限すれば効果の実感が早くなります。

 

食べることを抑制してストレスをため込むと、極端に体に負担を与えてしまうので健康維持が困難になってしまいます。

視点を変えて、エネルギーの消費に注目してはいかがでしょうか。

 

ちなみに、減量の運動としてマラソンや縄跳びが一般的に思い浮かべる手段かと思いますが、水泳というエネルギー消費方法が効果的です。

全身を使って運動することで、偏りなく体中の燃焼をすることができます。

世界的に有名な水泳選手の身体を思い浮かべてみてください。

誰もが精錬された美しい身体に仕上がっているはずです。

 

ダイエットをする上での天敵はストレスです。

リラックスして臨めるように、プランを考えて、結果を焦らず、ジックリと取り組んでいただきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です